QLOOKアクセス解析

HOME

2016.07.09更新。
「ナイゲン(2016年版)」情報公開第3弾!ほか更新。

2016年のfeblaboはたくさん頑張ります。
8月11日(木・祝)~22日(月):「ナイゲン(2016年版)」上演。
9月28日(水)~10月4日(火):「桜の森の満開のあとで」(再演)上演。
10月末:「ホテル・ミラクル4」上演。
12月中旬:「Dressing」(再演)上演。
と盛りだくさんでお送りします。
「桜の森の満開のあとで」「ホテル・ミラクル4」「Dressing」ではオーディションを実施します。詳しくはこちら
ご贔屓にしていただけましたら幸いです、

7.9情報公開第3弾!
メインビジュアル公開!&アフターイベント決定!
 
feblabo×シアター・ミラクルプロデュース
「ナイゲン(2016年版)」

2016年8月11日(木・祝)~22日(月)
@新宿シアター・ミラクル

脚本:冨坂友(アガリスクエンターテイメント)
演出:池田智哉(feblabo)


Fryer:



あらすじ:
“自主自律”を旨とし、かつては生徒による自治を誇っていたが、今やそんな伝統も失われつつある普通の県立高校、国府台高校。
ある夏の日、唯一残った伝統にして、やたら長いだけの文化祭の為の会議“ナイゲン”は、惰性のままにその日程を終わろうとしていた。
しかし、終了間際に一つの報せが飛び込む。

「今年は、1クラスだけ、文化祭での発表が出来なくなります」

それを機に会議は性格を変え始める。
――どこのクラスを落とすのか。

かくして、会議に不慣れな高校生達の泥仕合がはじまった…!


CAST:
石井智子
伊藤圭太
大野ユウジ(青春事情)
加藤海帆
河村慎也
セキサヤハ
袖山駿
田邉美保
土橋美月
富田庸平(キリンバズウカ)
二宮咲
藤哲平
山田健人

TIMETABLE(開演時間):
2016年8月
11日(木・祝)19:00
12日(金)20:00 
13日()14:00 /19:00 
14日()14:00 
15日(月)19:00 
16日(火)(休演日)
17日(水)20:00 
18日(木)20:00 
19日(金)20:00
20日()14:00 /19:00
21日()14:00 /19:00
22日(月)15:00 /20:00
※受付開始・開場は開演の30分前。
:初日割引回、:前半割引回、:アフターイベント回
17日はオールキャスト(予定)による、ホームルーム。議題は「ナイゲン反省会」(20分程度)
18日は脚本・冨坂友×演出・池田智哉によるアフタートーク(20分程度)

TICKET:
前売・当日:3300円
初日割引:2000円(11日19時のみ・当日可)
前半割引:2500円(12日~15日までの公演・当日可)
学生割引:2000円(要学生証提示・当日可)
高校生割引:1000円(要学生証提示・当日可)

チケット発売日:
2016年7月10日(日)AM0:00~

携帯からの予約はこちらをクリック!



[PR] 訪問看護 求人 シストレ 比較 FX比較 就業管理

スタッフ: 
舞台監督・舞台美術:奥谷崎智生 
音響:DX乙女(でらおと) 
演出助手:ちゃづけ・加藤海帆 
舞台写真:奥山郁 
当日運営:シアター・ミラクルスタッフ 
企画・製作:feblabo 
プロデューサー:池田智哉(feblabo)

お問合せ:
090-8560-3381(池田)
feblabo@gmail.com

5月、新作上演。

feblabo×シアター・ミラクルプロデュース
「錯覚、して、沈黙(仮)」

2016年5月10日(火)~13日(金)
@新宿シアター・ミラクル

脚本: アリソン・グレイス
演出: 池田智哉(feblabo)

CAST:
大垣 友(株式会社デフィプロモーション)
小畑はづき
河村慎也
渋谷裕輝
出口晶美(劇団ぽんこつロケット)
中野雄斗((石榴の花が咲いてる。))
Maggie(劇的集団まわりみち'39)

TICKET:
前売・当日:2300円
初日割引:1800円(10日20時のみ・当日可)
学生割引:1800円(要学生証提示・当日可)
高校生割引:1000円(要学生証提示・当日可)

チケット発売日 2016年4月30日(土)AM10:00~

TIMETABLE:
2016年5月
10日(火)20時初
11日(水)20時
12日(木)20時
13日(金)20時
※受付開始・開場は開演の20分前。

「ホテル・ミラクル3」
― 三度目は、ココロもカラダも正直に

2016年3月4日(金)~13日(日)
@新宿シアター・ミラクル

脚本:
上野友之(劇団競泳水着)
深谷晃成(第27班)
古川貴義(箱庭円舞曲)
米内山陽子(チタキヨ)

構成・演出: 池田智哉(feblabo)

CAST:
飯田紘一朗
池中颯太
加藤ひろたか(柿喰う客)
塩原俊之(アガリスクエンターテイメント)
武川優子(電動夏子安置システム)
永渕沙弥(たすいち)
中村桃子
野澤太郎(非凡集団T@kuma
能澤佑佳(演劇食堂おかわり)
前田友里子
屋敷真優子
高口修一

TICKET:
前売・当日:3000円
初夜割引:2000円(4日20時のみ・当日可)
学生割引:2000円(要学生証提示・当日可)
各回2枚限定・ベッドサイドシート:5000円(要予約) (舞台のベッド脇にソファを置いたお席になります。)
簡単に割り切れないペア割:5500円(要予約・2枚一組)
チケット発売日:2016年 2月13日(土)AM10:00  2月14日(日)PM10:00~
※諸般の事情により、急遽変更となりました。大変申し訳ありません。

TIMETABLE:
2016年3月
4日(金)20:00初
5日(土)15:00/20:00
6日(日)14:00/19:00枕
7日(月)20:00
8日(火)休演日
9日(水)20:00
10日(木)20:00
11日(金)20:00/25:00レ・枕
12日(土)20:00
13日(日)14:00/19:00

※受付開始・開場は開演の20分前。
※初は初夜割、レはレイトショー、枕は「ホンバン後のピロートーク」(アフタートーク)の回となります。
※R-15指定。11日(金)25:00の回はR-18指定。

各話あらすじ:

『VIP』
脚本:上野友之(劇団競泳水着)

新人の清掃スタッフの恭子は、ホテル内の「VIPルーム」の世話係を命じられる。
そこは、逃亡中の犯罪者など、わけありの客が潜伏する為の部屋だった。
その部屋に、ある男がやってくる。
「組織」の命令で人を殺してきたらしいその男は、飄々としていて、恭子も妙な親近感を覚える。
一週間後、「自由になったので、出て行く」と告げる男。
しかし男の表情はなぜか曇っている。
恭子はそんな男に対して、ある行動に出るのだが……。

--

『エンドゲームスタディガール』
脚本:深谷晃成(第27班)

エンドゲームスタディ【Endgame Stady】とは、一種の問題として提示される創作されたチェスの局面で、一方が他方のいかなる指し手に対しても勝つ(または引き分ける)手順を解答として求めるものを言う。

「だから、ちゃんとした手順を踏んでいれば、大輔君とワンチャンで終わるような事にはならなかったと思うの」
「馬鹿じゃないの?」
「どうしたら良かったのか教えて」
「知るか」

--

『愛(がない)と平和 -Bagism by Love&Peace.-』
脚本:古川貴義(箱庭円舞曲)

愛と平和を叫んでセックスしているアーティストがいた。
でも彼らは大事なことに気付いていない。
そもそも、愛なんて概念さえなければ平和だったということに。

ラブホテルを舞台にした、セックスの話。
ちゃんと、セックスをする話。
登場人物は、愛と平和。

--

『後始末』
脚本:米内山陽子(チタキヨ)

僕は逃げてきた。見えなければないのと同じだ。
だから四月になったら社会人になれるし、ほとぼりが冷めるまで待てばいい。
行方をくらませている間に誰かがどうにかしてくれる。そしたら何食わぬ顔で戻ればいい。
ずっとそうしてきた。
だから今僕が身ぐるみ剥がされているのも、彼女に恋をしたのも多分夢で、目を瞑っていればとけて消える幻だ。
僕はぎゅっと目を瞑る。
きっとこの夢も覚めてくれるはずだ。

外部演出やります。


野方ん家vol.4
『あゆみ』
2015年11月19日(木)~25日(水)
@野方スタジオ


脚本:柴幸男(ままごと)
演出:池田智哉(feblabo)

出演:
岡田瑞葉(ハイバイ)
岡村梨加
加藤瑶子
加藤なぎさ
田仲ぽっぽ
鳥越ゆみ
吉岡優希

Timetable:
2015年11月
19日(木) 20:00
20日(金) 20:00
21日(土) 15:00/19:00
22日(日) 15:00/19:00
23日(月・祝) 11:00/15:00
24日(火) 20:00
25日(水) 20:00
【全10回公演】
※受付・開場は開演の20分前です


■チケット
前売:1,300円 当日:1,800円
全席自由

■会場
〒165-0027
東京都中野区野方6-15-1太陽野方ビル3階
西武新宿線 野方駅より徒歩8分

■詳細
http://nogatastudio.wix.com/nogatastudio


※画像をクリックすると詳細ページに飛びます。

feblabo×シアター・ミラクルプロデュース
「ホテル・ミラクル2」
2015年9月18日(金)~23日(水・祝)
@新宿シアター・ミラクル

一度きりだとおもってた。

※クリックで拡大します。
Design/安藤理樹 Photo/奥山郁 Model/土佐まりな

映画館、漫画喫茶、居酒屋、キャバクラ、風俗店やホストクラブ、ラブホテル、パチンコ店が立ち並び、「眠らない街」、「東洋一の
歓楽街」、「欲望の迷宮都市」と呼ばれる歌舞伎町。
その歌舞伎町の一角にある「ホテルミラクル」。その一室で起こる千夜一夜の物語。
濃くて、甘くて、苦い、くらくらする。
ちょっとエッチな短編集、第2弾。

■脚本
ハセガワアユム(MU)
服部紘二(ハイバネカナタ)
裕本恭(深夜ガタンゴトン)
米内山陽子(チタキヨ/トリコ劇場)

■構成・演出
池田智哉(feblabo)

■出演
青山祥子
加瀬恵
加藤隆浩
黒澤多生
工藤沙緒梨(カプセル兵団)
滝景子
照井真友子
中田暁良
橋本恵一郎(欲棒仙人ω)
米山剛
浅井慎ノ介(ヒトメボレかんぱにー)
小林あゆみ

■TIMETABLE
2015年9月
18日(金) 20:00初
19日(土) 14:00/19:00
20日(日) 14:00/19:00枕
21日(月・祝)20:00/25:00レ・枕
22日(火・祝)20:00
23日(水・祝)15:00/20:00
※受付開始・開場は開演の30分前。

レ:レイトショー
25:00の回レイトショーです。終演後は始発まで劇場にいていただけます。AM5:30クローズ予定。
このステージのみ18歳未満、入場禁止。
枕:ホンバン後のピロートーク
終演後にゲストを交えたアフタートークを行います。
初:初夜割引 初日割引です。

■チケット(R15指定・一部を除き自由席)
前売・当日:3000円
初夜割引:2000円(18日20時のみ・当日可)
学生割引:2000円(要学生証提示・当日可)
各回2枚限定・ベッドサイドシート:5000円(要予約) (舞台のベッド脇にソファを置いたお席になります。指定席)
簡単に割り切れないペア割:5500円(要予約・2枚一組)

チケット発売日 2015年8月30日(日)AM0:00~

携帯からの予約はこちらをクリック!



[PR] カード比較 FXシストレ 人事コンサル 婚活比較

各話あらすじ   ※上演順ではありません。

「初恋は消耗品」 脚本:ハセガワアユム(MU)

初恋は結婚まで実るわけないから「する意味なくね?」と気づいたJK1の優菜は、
初めての交際はわざと練習台として、ランクを下げ妥協した相手(おじさん)と
適当に付き合うも、気づいたら大好きになってて地獄。
その地獄の別れ話と説教とセックス in ラブホテル。

「獣、あるいは、近付くのが早過ぎる」 脚本:服部紘二(ハイバネカナタ)

その日、夜22時を過ぎた頃、アレは姿を現した。
ゆっくりゆっくりとその首をもたげる中、新宿歌舞伎町のホテル街で、村田ケンジは早瀬マナミをホテルに誘う。

不可解な音が鳴り響く中、その長い一夜が始まる。

今、壮大なロマンの目覚め!
あと、ついでに草食系男子も目覚めちゃう!

「砂と棒」 脚本:裕本恭(深夜ガタンゴトン)



「私、安部公房が好きなんだ。」
胸が豊かな風俗嬢がそう言った。
うだつの上がらない作家は、少し驚いた。
風俗嬢を見る目が少しだけ変わる。
自分の書く話と彼女の胸ではどちらの方が価値があるだろう?
東京で生きる「普通になりたくない」若者二人を、うっすらと安部公房の「砂の女」をモチーフに描く。
東京は「砂」でできているのかもしれない。

「こうかん」 脚本:米内山陽子(チタキヨ/トリコ劇場)

嫁を他の男に抱かせたい。
できれば、目の前で。
それを見ることが出来れば、今行き詰まっている仕事も、訳のわからない虚脱感も、嫁で勃たないことも、全部解決する気がする。
だけどヘタな男に嫁を抱かせたくはない。
あいつはいい女で、一生一緒にいたいと思ってる。
男選びは慎重に運ばなければならない。身元がはっきりしてて、病気を持ってなくて、抱いたぐらいじゃ嫁に執着しない、そういう男がいい。
ネットの海を潜った果てに、ひと組の夫婦に出会った。
僕は嫁を抱きたい。

そのために、嫁を他の男に抱かせたい。


feblaboプロデュースの出演者を募集するに当たり、ワークショップオーディションを開催します。
終了しました。


feblaboプロデュースの2015年・2016年の公演に向けて出演者を募集しております。


現在は、
2015年11月 「桜の森の満開のあとで」
2016年初頭 過去の公演の再演
2016年春 「ホテル・ミラクル3」
2016年夏 「ホテル・ミラクル4」
を企画しております。
上記企画の出演者募集にあたり、ワークショップオーディションを開催いたします。


ご参加いただいた方から、各企画ごとにご出演をお願いするという形になります。
なお、ご出演にあたり、チケットノルマなどの負担金は一切ありません。なお、チケットバックをご用意させていただいております。


短い募集期間ではありますが、たくさんの応募をお待ちしております。


【ワークショップオーディション開催日時】
2015年
10月3日(土)14:00~20:00・・・A
10月5日(月)14:00~20:00・・・B


なお、上記日程では参加が難しい場合でもご連絡をいただければ機会を設ける可能性があります。その場合は参加希望回を「X」として、お申し込みください。


【応募要項】
■場所 都内某所 ※参加者にのみお知らせいたします。


■参加資格
・健康な18歳以上の日本語の通じる方。
・演技経験の有無は問いません。


■参加費 2,000円
■募集期間 9月26日(土)0:00~10月2日(金)23:59 
■定員 希望者数にもよりますが、少人数(5名前後)を予定。


■応募先メールアドレス:
ws@t-miracle.jp
※件名は「オーディション参加希望」として送信下さい。
※送信後、丸二日を過ぎても返信がない場合はお手数ですが、
feblabo@gmail.comまたは090-8560-3381までご連絡ください。


■募集要項
1.希望回(A/B/X)
2.名前(ふりかな)
3.性別/生年月日/年齢
4.身長/体重
5.出身地
6.所属(あれば)
7.過去2~3年の出演作品
(舞台以外もあれば、多い方は代表的なものを5作品程度)
8.自分が思う俳優としての自分の武器・魅力
9.志望動機
10.電話番号(緊急時連絡用)/メールアドレス
応募に際して、写真を添付してください。
(全身/バストアップ各一枚ずつ。スナップ写真可。)


■お問い合わせ先
090-8560-3381 ws@t-miracle.jp

feblabo@gmail.com




■feblaboとは
2006年より東京の小劇場で活動する池田智哉による企画・プロデュースユニット。
これまでに30本以上の作品をプロデュースしている。池田自身は脚本は書かず、毎回脚本家を招き、池田が演出するスタイルをとる。再演も多い。
何よりも脚本を重視し、深く読み込み、空間とそこに存在する俳優と役割を掘り下げていくことで「嘘のなさ」を引き出す演出が特徴的である。
代表作として、「僕の偉大なるアイザック・ニュートン」於:駅前劇場・2014年・脚本:佐々木瞳(第27班)
「ダイアナ、その他短編」於:シアター・ミラクル・2014年・脚本:ブラジリィー・アン・山田(ブラジル)
「捨てる。」於:エビス駅前バー&中崎町common cafe(東京大阪ツアー)・2011年・脚本:米内山陽子(チタキヨ)
「Dressing!」於:エビス駅前バー・2011年・脚本:米内山陽子(チタキヨ)など。他に小劇場アイドルユニット38mmなぐりーずもプロデュースしている。
2013年よりシアター・ミラクルを拠点に活動中。

シアター・ミラクルワークショップ企画 vol.5
「たすいち×feblabo合同ワークショップ」
2015年8月26日(水)開催!

シアター・ミラクルのワークショップ企画です。
たすいちとfeblaboのワークショップが同時に受けられます。
内容的には4時間を2時間ずつとかそういう感じになりそうです。
受講者の方には、今後それぞれの団体から出演のお願いをすることがあります。
奮ってご参加いただけましたら嬉しいです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

シアター・ミラクルワークショップ企画 vol.5
「たすいち×feblabo合同ワークショップ」
2015年8月26日(水)開催!

■講師
目崎剛(たすいち・主宰/新宿シアター・ミラクルスタッフ)
池田智哉(feblabo・代表/新宿シアター・ミラクル支配人)

■日程
2015年8月26日(水)
A=13:00~17:00
B=18:00~22:00
※A,Bともに内容は同じです。

■場所
新宿シアター・ミラクル

■参加費
2000円

■定員
特に具体的な定員は設けておりませんが、
余りにも人数が多い場合など、
場合によっては参加をお断りする可能性があります。

■参加資格
・健康な12歳以上の日本語の通じる方。
(当日は日本語のテキストを用いる予定です。)
・演技経験の有無は問いません。

■応募先メールアドレス:
ws@t-miracle.jp
※件名は「ワークショップ応募」として送信下さい。
※送信後、丸二日を過ぎても返信がない場合はお手数ですが、
feblabo@gmail.com 03-5155-0788
までご連絡ください。

■募集要項
0.参加希望回(A/B)
1.名前(ふりかな)
2.性別
3.生年月日/年齢
4.身長/体重
5.出身地
6.所属(あれば)
7.過去2~3年の出演作品
  (舞台以外もあれば、多い方は代表的なものを5作品程度)
8.自分が思う俳優としての自分の武器・魅力
9.志望動機
10.電話番号(緊急時連絡用)/メールアドレス
       (連絡のつきやすいアドレスをお送りください)
応募に際して、写真を添付してください。
    (全身/バストアップ各一枚ずつ。スナップ写真可。)

■募集締め切り
8月25日(火)23:59まで。

■お問い合わせ先
090-8560-3381 (イケダ)  03-5155-0788(シアター・ミラクル)
ws@t-miracle.jp feblabo@gmail.com 

■feblaboとは
2006年より東京の小劇場で活動する池田智哉による企画・プロデュースユニット。
これまでに30本以上の作品をプロデュースしている。池田自身は脚本は書かず、毎回脚本家を招き、池田が演出するスタイルをとる。再演も多い。何よりも脚本を重視し、深く読み込み、空間とそこに存在する俳優と役割を掘り下げていくことで「嘘のなさ」を引き出す演出が特徴的である。
代表作として、
「僕の偉大なるアイザック・ニュートン」於:駅前劇場・2014年・脚本:佐々木瞳(第27班)
「ダイアナ、その他短編」於:シアター・ミラクル・2014年・脚本:ブラジリィー・アン・山田(ブラジル)
「捨てる。」於:エビス駅前バー&中崎町common cafe(東京大阪ツアー)・2011年・脚本:米内山陽子(チタキヨ)
「Dressing!」於:エビス駅前バー・2011年・脚本:米内山陽子(チタキヨ)など。他に小劇場アイドルユニット38mmなぐりーずもプロデュースしている。2013年よりシアター・ミラクルを拠点に活動中。

PAGETOP

トップページです

feblaboとは

過去のプロデュース公演について

そのほかのお仕事について

Twitterへのリンクです

お問い合わせはこちらから

QLOOKアクセス解析